保険のシステムやソフトの導入についての実態

手を繋ぐ看護

ソフトの種類

国保中央会介護伝送ソフトにはパッケージ型とASP型の2種類があります。これらのソフトの内容などの違いだけでなく特徴やメリット、また、どういった環境で使用が可能になるのかを見ていきます。

もっと読む

作業内容

実際に役に立つ国保中央会介護伝送ソフトですが、このソフトの機能や仕組みについて詳しく知っている方は多くはいません。機能や仕組みについて把握し、どのように作業をしているのかを見ていく必要があります。

もっと読む

注意点

国保中央会介護伝送ソフトを利用する方は、たくさんいます。それを利用するにあたって、いくつかの「注意点」があげられます。その注意点について、ここでは詳しく紹介しています。

介護ソフトはASPのこちらを利用しましょう。スケジュールの管理や売上管理が簡単に出来るので重宝されてますよ。

もっと読む

導入の必要性

システムの導入

現在色んな職種でパソコンやタブレットの電子機器類とシステムやソフトの利用が当たり前になってきています。
これは保険に関しても同じことが言え、実際にソフトやシステムを導入したことで業務の負担が減って楽になったということもあります。
それだけでなく、セキュリティがしっかりしていることから情報管理の面でも安心です。

必要性とは

業務が楽になるということでシステムやソフトの導入が必要不可欠であることは理解は出来ましたが、どういった業務だからこそ導入が必要なのかを把握できている人は多くはいません。
実はシステムやソフトの導入の必要性というのは、介護保険は毎月10日に国保連合会へ給付管理票や介護給付費請求書を提出しなければなりません。
これらを初めから作成するのはとても大変な作業になり、請求額のミスなどが出ることもあります。
こういったことをなくすために、介護請求ソフトの導入は必要不可欠になるのです。

介護保険について

ソフトやシステムを導入する前には介護保険の仕組みについて把握する必要があります。
介護保険は名前の通り介護のための保険になり、介護を必要とする高齢者の治療や介護にかかる費用の負担を社会全体で支援するための保険制度になっています。
また、介護保険には民間と公的の2種類があり、民間の場合の保険の加入条件は各社の定めた年齡などによるものですので、20代からでも加入することが可能です。
公的の場合は介護保険の加入条件は高齢者に限るなどといった条件と、40歳を越えた人は加入する義務があります。