車の買取

車の買取業者を決める前に

車の買い取り査定

車の買い取り査定の手順として、まずは買取業者に申込みます。

 

電話でも構いませんし、インターネットから気軽に申込めるところも増えています。インターネットですと24時間いつでも申し込めるというのも利点です。

 

申込の際には車のメーカーや車種、年式、走行距離などを伝える必要がありますから、あらかじめメモなどをしておくと便利です。

 

また、近所に店舗があるのなら、営業時間内に直接出向いてもよいでしょう。

 

受付後、大体24時間以内には業者から電話があり、おおよその買取価格が知らされます。その後、正確な査定額を出すためには、業者に実際の車を見てもらわないといけません。

 

出張査定、店舗に車を乗り入れての査定、どちらでも都合のよい方法を選べる場合がほとんどです。

 

きちんとした査定額が出たあと、結果に納得ができれば契約への手続きと進みます。

 

手続きが終わったら車両の引渡し、名義変更のための書類の引渡し、ローンがあるのなら残金の支払いが行われます。これらが全て終了すると、査定額が支払われます。

 

金額が十万円単位以上になることも多いので、銀行振り込みで支払われることが多いようです。

 

査定の金額に納得できなければ、無理に買い取ってもらう必要はありません。買取を断ってもキャンセル料などがかかるところは少ないですが、申込むときに確認しておくと安心でしょう。

 

数社に査定させる時のコツ


車の買取業者はたくさんあります。そして、業者によって査定額は異なります。

 

その差が10万円以上になることも珍しくはありません。ですから、いくつかの業者に査定をしてもらい、一番高い査定額を出してきたところに買い取ってもらうのが得策といえるでしょう。

 

インターネットでは、一括で査定を申込めるホームページもありますから、利用すると便利です。申込を行うと、多くの場合に24時間以内に電話での連絡があります。

 

一刻も早くアポイントを取った方がより早く買い取りやすいですから、多くの業者が数時間以内に連絡をしてくるようです。

 

申込のあとは実車の査定ですが、ここが数社に同時に査定させる時のコツになります。

 

同じ日の同じ時間に業者に来てもらい、一緒に査定してもらうのです。そこで嫌がる業者は、通常の査定でも極端に低い価格を提示してくる可能性が考えられます。

 

ほとんどの業者は嫌がらずに他社との同時の査定を行ってくれます。

 

査定の日時には、すぐにでも売れる準備をしておくと、業者の方もより高い金額を提示してくれることがあります。

 

数社を一度に呼んでの査定なのですから、買い取ってもらう側も真摯な態度を示すのがよいでしょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ